薄毛予防に効果のあるサプリメントの成分の摂取方法

薄毛予防に効果のあるとされるサプリメントには、髪や頭皮に良い栄養成分が含まれています。それらの成分は食事から摂取することが理想ですが、なかなか食事からだけでは摂れないのが現代人の生活です。よって、サプリメントで効果的に摂取することは、薄毛予防に大きな助けとなります。

薄毛予防に効果のある有効成分の働き
髪や頭皮に良いとされる栄養成分はさまざまですが、髪を構成する主成分たるたんぱく質は何よりも優先して摂取すべき成分です。ほかの栄養素をいくら摂取しても原料がなければ髪は作られません。良質なたんぱく質は食事から摂取することが理想ですが、食事の時間が不規則になりがちな人や外食が多い人はサプリメントで補うのもよいでしょう。また、亜鉛も髪の発育には欠かせない成分です。髪の原料であるたんぱく質の合成を助けるのが亜鉛の役目で、これが足りないと抜けやすい髪の毛になってしまいます。ほかにはビタミンB群も必要です。毛母細胞の代謝を活発にし、健康な髪を作るサポートをします。

サプリメントの効果を高める飲み方
有効成分がたっぷり入っているサプリメントでも、ただやみくもに飲んでいてはその効果が最大限発揮されません。サプリメントを飲むときは吸収率を考えることが大切です。まず、前提として、栄養を吸収する腸が健康である必要があります。腸内環境が悪いとせっかくの栄養素も十分に吸収されません。そこで、薄毛予防のサプリメントとともに、乳酸菌など腸内環境の改善に役立つ成分が含まれるサプリメントも同時に摂取することをおすすめします。

成分によって違う摂取のタイミング
ビタミンB群は水溶性ビタミンとも言われているように、水に溶けやすい性質を持っています。そのため、体内に摂取しても数時間で体外に排出されてしまいます。ですから、一度に1日の必要量を摂取してしまうのではなく、朝、昼、晩の食後3回に分けて摂取しましょう。また、アミノ酸は空腹時に飲むと吸収率が高まると言われていますが、亜鉛を空腹時に摂取すると吐き気を催すことがあります。成分によって摂取するタイミングが違うことを覚えておきましょう。